中学受験 塾弁の準備はできていますか。保温ジャーは温冷使えて便利アイテム

高学年になると、塾によっては、夕食を持ってくるようにといわれるところも多くなります。

 

夕食が塾で取れるとは言っても、授業と授業の合間の隙間時間です。

食事の時間はとても短くて、ゆっくりなんて食べていられません。

 

私が塾に用事があって見かけたときは、せわしなく食べていましたよ。

前の時間の授業が遅れていたのかな?

スポンサーリンク

塾でのお弁当の量は意外と難しかった

中学受験 塾弁

お腹いっぱい食べてしまうと、その後の授業が眠くなってしまう我が子でした。

 

ずーっと座りっぱなしですし、興味が無い(わからない)授業ならなおのこと、眠気に拍車がかかります

 

お腹いっぱいにならない程度で、お腹が満足し、休み時間内に食べ終える量、というちょっとむずかしいお弁当の量。

 

なかなか子どもの適正量を把握するまでが大変でした。

 

お弁当を持たせて間もないころは、残して帰ってくる事が続きました。

「食べている時間ないよ~。量を少なくして」と言われることも多かったです。

 

私自身も、塾での食事時間を考えると「量はたくさんは必要ないの?」「おやつを食べていけば食事量は少なくても済むかな?」など試行錯誤でした。

スポンサーリンク

我が家の場合

学校から帰ってきたら、適当に食べて塾に行きました。

塾で食べる時間までお腹が空かない程度のものです。

塾で食べるのは小さめのお弁当です。

帰宅後は基本的に食べないことが多かったです。

おかずなど食べたいものがあったら食べるという具合です。

試行錯誤の結果、このパターンに落ちつきました。

スープジャーは温かいものも冷たいものにも使えて便利


お友達が持ってきたお弁当がスープ系のものだったりすると、「スープジャーで持ってきてたよ。いいなぁ」と言われてスープジャーを買ってみました。(シチューなどを入れていきましたよ。)

 

スープジャーも、温かいものを入れた時には、蓋があかなくて困ったことも。

先生にお願いして開けてもらったことも、何度かありました。

 

冷たいものも入れていけるので、夏は冷やし中華やお蕎麦を入れてきていた子もいたそうです。

スープジャーはいろいろと使い勝手が良くて、買ってよかったと思った1つです。

スープジャーで作れるもののレシピを知りたい人はメーカーのサイトに掲載がありましたよ。
>>サーモスのサイトからスープジャーのレシピを見る>>象印のサイトからスープジャーのレシピを見る

週に何日もあるお弁当。

私の場合、あまり深く考えてしまって弁当作りが面倒になるときもありました。

そんな時は夕飯を多めに作ったものを入れるなどしていましたよ。

 

塾弁の本もありますよ。

スポンサーリンク

塾生活の楽しみの1つはお弁当

中学受験 塾弁

私たち大人が思っている以上に子どもは楽しみにしてるようでしたよ。

お弁当がいらなかった塾でも、6年生ともなれば日曜特訓や夏期講習などでお弁当箱は必要になります。

子どもが通っていた塾では上のような、ご飯は保温できて、おかずを入れるボックスが2個ついているタイプが多かったそうです。

バッグがついていると、おかずとおにぎりなどいろいろな組み合わせで入れることができます。

初めからバッグがついているのは便利でした。

コメント