中学受験 シャーペンが使いたい子どもには芯が太い1.3mmタイプがおすすめ

シャーペンを使っている人がいる、使いたいから買って

・初めてシャーペンを使う小学生におすすめのものはある?

私が選んだのは、「コクヨ キャンパスジュニア 1.3ミリ」と「コクヨ キャンパスジュニア 0.9ミリ」。

芯が太いので書きやすさは抜群です

マークシートのテストでも大活躍の1.3mmシャーペンはおすすめのシャーペンです。

目次

0.5mmのシャーペンは筆圧調整が難しく折りまくる

小学生 シャーペン 1.3mm

子どもが通っていた小学校では、6年間シャーペンの使用はダメと言われていたので、何も気にすることなく鉛筆を使い続けていました。

しかし高学年になるにつれ、塾ではシャーペンを使っている子が徐々に多くなってきます。

シャーペンを使ている子がかっこよく見えるようで「シャーペン使いたい」と言い始めました。

試しに家にあるシャーペンを使わせてみましたが、ボキボキと芯を折りまくります。

机の上には折れたシャーペンの芯が散乱しているので、ノートや教科書が真っ黒。

見ている私はイライラして、子どもと「机の上が真っ黒!」と喧嘩ばかりしていました。

そんなある日、テレビで「芯の太いシャーペンが人気です」と言っていたのを思い出し、使ってみることにしました。

1.3mmは鉛筆に近い書きがGOOD

まず購入したのは1.3mmのシャーペンです。

1.3mmの場合、芯が折れることがないのでガンガン書くことができます。

鉛筆と交互に使いながら、徐々にシャーペンに慣れていくようにしました。

コクヨのキャンパスジュニアは、鉛筆と同じ六角形の形をしています。

持った時の感覚が鉛筆と同じなので違和感なく使うことができます。

1.3mmが慣れてきたところで次は0.9mmのシャーペンを使用し、最後は0.5mmのシャーペンです。

マークシートのテストの時にも便利は1.3mmシャーペン

マークシート

マークシート用のシャーペンは、キャンパスジュニアと同じ1.3mmです。

1.3mmならマークシートの解答欄をサッと塗りつぶすことができることから「限られた試験中に余計な時間を使わずに済む」ことで人気アイテムの1つです。

大人と同じモノが使いたい!というお子さんには、マークシートタイプもありですね。

まとめ:1.3mmのシャーペンから始めるのがおすすめ

0.5mmのシャーペンと鉛筆の場合、芯の大きさの違いから筆圧調整が難しく思えます。

鉛筆に比べると0.5mmのシャーペンは恐々使うこともあり、使い始めは薄い字になってしまいます。

1.3mmのシャーペンから徐々に慣れさせることでシャーペンでもはっきりとした字を書けるようになりますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる