中学受験 計算ミスは致命的。暗算と暗記、計算の工夫で計算力を鍛える

中学受験 計算ミス 暗算 暗記、計算の工夫 計算力

計算ミスが多発したときに、塾の先生からのアドバイスをもとに対策しました。

スポンサーリンク

時短と計算ミスを防ぐために、よく出るものは覚えてしまう

先生
先生

これは絶対に暗記して!

必ずといっていいほどよく出る計算です。

計算ミスが起きないように、時短の為に暗記と言われました。

3.14の計算

2×3.14=6.28
3×3.14=9.42
4×3.14=12.56
5×3.14=15.7
6×3.14=18.84
8×3.14=25.12
9×3.14=28.26
12×3.14=37.68
15×3.14=47.1
16×3.14=50.24
25×3.14=78.5
36×3.14=113.04

分数と小数

分数⇒小数、小数⇒分数ができるようにする。

2分の1=0.5

5分の1=0.2

4分の1=0.25

4分の3=0.75

8分の1=0.125

8分の3=0.375

8分の5=0.625

8分の7=0.875

平方根(2つの同じ数の積)

11×11=121

12×12=144

13×13=169

14×14=196

15×15=225

16×16=256

17×17=289

18×18=324

19×19=361

スポンサーリンク

アプリで暗算を鍛える

ドリルやアプリなどで家族と競ったりすると、知らず知らずのうちに何度も繰り返すことになります。(私も子供と競争していました!)

子どもにとっては練習にもなりますし、私たち親にとっても「脳トレ」になって一石二鳥ですよ。

100マス計算

100マス計算
開発元:be-style
無料
posted withアプリーチ
スポンサーリンク

計算の工夫を本で確認

計算の工夫や暗算の方法を確認するなら、本もおすすめです。

スポンサーリンク

算数の1行問題は満点が基本

算数の大問1の点数が芳しくないことから、計算ミスが多いことがわかりました。

暗算で解けるものをわざわざひっ算を書いてみたり、書くことで写し間違いがあり間違えるという悪循環。

安定して問題が解けなければ、点数につながりません。

算数の1行問題は、サービス問題(とても簡単な問題)もあります。

点数が取れるところでは確実に取れるようにしなければなりません。

また、計算ミスは算数だけではなく理科にも影響が出てしまいます。

理科でも計算問題は多数出ます。

理科でも点数を落としてしまうことになれば、合格は厳しいものになりかねません。

「1問解いたらすぐに見直しをする」癖をつけて計算ミスを防ぎ点数につなげていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました