中学受験 朝が弱く起きるのに心配な子には光目覚まし(インティ4)

朝、すっきりと起きられない子供に光目覚ましはいかがですか。

人間の体内時計を味方につけることで、眠気を飛ばしてすっきりした頭で朝を迎えましょう。

スポンサーリンク

試験当日の朝、すっきりした状態で入試を迎えたい

中学受験 光目覚まし

中学入試は、1月、2月という冬の寒い時期。

試験当日は、まだ夜が明けない5時過ぎぐらいに起きなくてはなりません。

 

朝が苦手な子どもには、相当大変。

 

わが子もその一人でした。

 

わが家の場合1か月ほど前から朝起きる時間を早めて行きました。

中学受験 入試直前には朝型生活に切り替えて本番に臨みました
中学入試の朝は早いです。 朝から全力で問題が解けるように、入試1か月前には朝型の生活に慣れたいですね。 我が家の入試当日は、朝6時前に家を出た わが家の中学入試当日を振り返ると、朝は5時に起き、朝食を食べて...

 

なんとか目を開けることはできていましたが、寝ぼけている感じもあり、スッキリ起きていたかと言われたら自信がありません。

 

その点、人間の体内時計がリセットされるという仕組みを利用した光目覚ましinti4(インティ4) を使うことですっきりとした朝を迎えられれば、試験時間には一番いい状態で試験に臨めますね。

体内時計のリセットには2,500ルクス以上の照度が必要

inti4

2500ルクスって?ってピンとこないですよね。

 

家庭の照明で700ルクス。

 

光目覚まし inti4(インティ4)は最大20,000ルクス、光源から30センチの距離では3,500ルクスあります。

 

人を起こすのに充分な量は2,500ルクス。

 

体内時計をリセットするには十分な光の強さがありますね。

ダメだった場合のために、全額返金保証が制度あります

値段も高いし、買ってみて効果が無かったら、嫌だなぁ。

まずは、3ヶ月!

3か月間使ってみてダメだったら、全額返金制度がありますので利用しましょう。

「光だけで起きられるようになる」「光を浴びて朝からスッキリする」ということを身につけるために、長い人で3ヶ月ほどかかるそうですよ。

 

3か月後の様子を見て、返金制度を利用するかも決められます。

(ただし、返金制度利用の際には注意事項がありますので、確認してくださいね)

光目覚まし inti4 公式サイト
詳しくはここをクリック



コメント