中学受験 セルフレクチャー(自己講義)の勉強法は試してみる効果あり

子ども自身が先生役・生徒役の両方する、セルフレクチャーという方法があります。

セルフレクチャーの方法は、東進ハイスクール国語教師の板野博行さんの「勉強の鬼原則」という本に書いてありました。

少しやり方を変えて私(親)が生徒になるという方法をしました

スポンサーリンク

子どもに先生になってもらう

中学受験 セルフレクチャー

今日やったところを教えて~

勉強が終わったというタイミングで子どもに質問していました。

ごっこ遊び的な感じです。

毎回ではなく、

  • この単元は苦手そうだ
  • なんだかいつもよりも早く終わっている
  • 本当にできているのかあやしい

といった時だけです。

苦行にならない程度にやるのが、お互いのために良かったですよ。

やり方としては、小さな子どもが大人に「なんで?どうして?」と聞く感じです。

お母さんだって小学校の時やってきたでしょ?

覚えてない。やったかなぁ?!

簡単にいえば、こんな感じです。

スポンサーリンク

ホワイトボードを使って説明してもらう

中学受験 セルフレクチャー

説明するよ!

先生になりきるためにホワイトボードや、コピー用紙などを使いました。

説明するということは、アウトプットと一緒です

アウトプットするには、説明する本人がわかっていないとできません。

(途中で解らなくなったら、テキストやノートを見たりしながらでも一通り説明してもらいます。)

聞いていても「は?」ということも、たくさんありました。

わからない、もうちょっと詳しく説明して

最終目標は「なにも見ずに答えられる」または「他の人にも説明できる」を目指していました。

スポンサーリンク

メリット:解らない部分が明確になる

セルフレクチャーの利点は、解らない部分が明確になるということ。

口に出して説明することが大事です

説明できなかった部分はの対応法は3つ。

  • 一緒に確認する
  • 子どもだけで確認し、解った時点で説明
  • 次回の塾の時に、先生に聞く

何度もホワイトボードに解き直しをすることで、復習にもなりました。

算数は(流水算や速さの問題など)セルフレクチャーが向いていました

スポンサーリンク

まとめ:セルフレクチャーは記憶の定着に最適

声に出して誰かに説明することで、理解度がグンと上がります

紙やホワイトボードに書いて説明をするという方法は、定着する過程で有効でした。

人に教えるということは、自分が理解していないとできません。

誰かが聞き役になることで、理解できなかった部分の気づきも出てくるのでぜひやってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました