中学受験 セルフレクチャー(自己講義)の勉強法は試してみる効果あり

子ども自身が先生役・生徒役の両方する、セルフレクチャーという方法があります。

セルフレクチャーの方法は、東進ハイスクール国語教師の板野博行さんの「勉強の鬼原則」という本に書いてありました。

小学生が自分で実行するのは、そうとう難しいと感じました。

我が家は少しやり方を変えて私(親)が生徒になるという方法で行っていました。

スポンサーリンク

子どもに先生になってもらう

中学受験 セルフレクチャー

勉強が終わったというタイミングで「今日やったところを教えて~。」と言って質問していました。

ごっこ遊び的な感じです。

毎回ではなく、

  • この単元は苦手そうだ
  • なんだかいつもよりも早く終わっている
  • 本当にできているのかあやしい

といった時だけです。

苦行にならない程度にやるのが、お互いのために良かったですよ。

 

やり方としては、小さな子どもが大人に「なんで?どうして?」と聞く感じです。

こども
こども

ねぇ、なんでそんなこと聞くの?
お母さんだって小学校の時やってきたでしょ?!

私

もう忘れた。ずいぶん前の事だから。もう思い出せない

こども
こども

え~、めんどくさい

私

お母さんは小学校で面積図教えてもらってない・・・だから、教えてよ~。

簡単にいえば、こんな感じです。

もしくは、「あ~、これやったなぁ。でも、どうやったのか覚えてないなぁ・・・どうやるんだっけ?」でもいいのです。

「お母さん、忘れたよ(知らないよ)。ちょっと教えてくれませんか?」という感じですね。

スポンサーリンク

ホワイトボードを使って説明してもらう

中学受験 セルフレクチャー

先生になりきってもらう為にホワイトボードや、コピー用紙などを使って説明してもらいました。

説明させる=アウトプットをさせている・・・というわけです。

アウトプットするには、説明する本人がわかっていないとできません。

(途中で解らなくなったら、テキストやノートを見たりしながらでも一通り説明してもらいます。)

 

もちろん、聞いても「は?」ということも、たくさんありました。

その時は、はっきりと「解らない」って言います。

 

説明してもらうことの最終目標は「他の人にスラスラ説明できる」です。

そこまでいかなくても「自分だけがわかって、すらすら言える」の状態でもOKです。

メリット:解らない部分が明確になる

セルフレクチャーの利点は、解らない部分が明確になるということだと思います。

解らない部分は、必ず説明に詰まります

 

説明できなかった部分は

  • 一緒に確認する
  • 子どもが自分やり直しをして、解った時点で説明してくれる
  • 次回の塾の時に、先生に聞くこととする

という3つの方法で対応しました。

 

内容によって「あ、そうか。」となるときもありますし、「ん~???やっぱりわからない」というときもあります。

何度もホワイトボードに解き直しをすることで、復習にもなりました。

 

算数などの計算問題などは、セルフレクチャーをよくやりました。(流水算や速さの問題など)

スポンサーリンク

まとめ:セルフレクチャーは記憶の定着に最適

我が家の場合、セルフレクチャーをすることで考え違いを発見することが多かったです。

基本的に図を書いたりメモを取ることを全くしない子でした。

強引にでも、紙やホワイトボードなどに書いて説明をするという方法が、多少時間はかかるにせよ、定着させるという点ではいい方法でした。

机に向かって黙々と勉強するのも大事なことかもしれません。

しかし、声に出すことでより理解度が深まるようでしたよ。

コメント