中学受験 過去問の解説が分らないのは当たり前。深く悩まず塾の先生に聞く!

過去問を解いていて、「解説の内容がわからない」っていうことありませんか?

この説明がわかんないんだけど、これってどういうこと?

私もわからなかったことが何度もあります。

スポンサーリンク

問題は削れないが解説は削れる

過去問の問題を見ると、問題がぎっしり詰まっていると思いませんか。

この問題の図ってここなの?見にくいなぁ

入試問題は(当たり前ですが)勝手に削れません。

しかし、解説は削れます。

解説内で「この図を見れば~」って書いてあるのを見て「?」と思うこともあります。

この図、どこから持ってきた図?どこを手掛かりにこの図ができるの?

そして、「問題文こんなに長いのに、解説ちょっとしかない・・・」とか。

解説を書いている先生から教えてもらったのは

  • 解説は割けるページ数がだいたい決まっている
  • 指定されたページ内に納めなければならない
  • 細かく記載することができないから必要な部分以外は削るしかない

しかし、本来なら細かい解説が必要ですよね。

解説を見るときは、子ども自身がが答えにたどり着けなかった時ですから。

状況を考えると「解説を見て解けるようになる」とは考えにくいです。

解説を見て子どもに解説するなどをしないと、子どもは理解できません。

スポンサーリンク

解説通りに解かなくてもOK

特に算数の場合に起こるのが

この本の解説は、塾で習ったのと違う!

子どもに言われて困ることもしばしば。

解説の内容はその解説者の解き方です。

塾で教えてもらった解き方とは違うのは当然です。

塾で教えてもらったやり方なら

あ、そういうことか!

となるかもしれません。

あくまでも、「この解説は、この問題を解いた解説者の解き方別の解き方もある」ということがやっていくうちに分りました。

スポンサーリンク

塾の解き方に合わせる

基本的に塾の解き方に合わせると、早く理解できます。

例えば算数の食塩水の濃度計算が間違えていたという場合、食塩水の計算は公式、面積図、天秤図と解き方があります。

食塩水の3種類の解き方を解説したものはこちらから↓

解説はその中のどれか1つだけです。

今まで公式通りに解いていた人が、その他の方法(例えば、天秤図など)で説明されても理解できないのは当然です。

過去問の解説が理解できないからと、落胆する必要はありません。

過去問の解説はあくまでも数ある解き方の1つだと判断しましょう。

スポンサーリンク

わからないことは塾の先生に聞く

何度やっても解けないよ

わからなければ塾の先生に解き方を聞くのが一番いい方法です。

塾で教えてもらう解き方なので、1つの解き方をマスターすればOKです。

スポンサーリンク

塾以外で聞けるところも知っておく

塾で聞きたいけど、順番待ちだから聞けないんだよ

授業後聞こうと思うと、遅い時間になってしまって先生に聞けないこともあるかもしれません。

塾以外で聞けるものとして以下のものがあります。

  • 家庭教師
  • 個別指導塾
  • オンライン家庭教師
  • 勉強を教えてくれるサービスを利用
スポンサーリンク

まとめ:過去問の解説が分らないのは当たり前

解説を読むタイミングは、問題を解いて正解ではなかったときです。

必要最低限しか書いていない解説を読んでもわからないのは当然と思います。

塾の先生などきちんと解説してくれる人に、徹底的に解説してもらうほうが効率的ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました