中学受験 入試問題説明会、中学入試模擬体験には必ず参加しましょう

中学受験 入試問題説明会、中学入試模擬体験

「入試問題説明会」「中学入試模擬体験」とは前年度の問題を参考にしながら、解答の方法や注意点などを説明していくものです。

時間があれば参加することをおすすめします。

我が家が参加した入試問題説明会の様子をご紹介します。

スポンサーリンク

我が家が参加した入試問題説明会

中学受験 入試問題説明会、中学入試模擬体験

我が家が参加した学校の入試問題説明会は

  • 事前予約不要
  • 1日のみの開催:午前と午後の2回(内容は同じ)
  • 入試問題は持参すること(学校のホームページや書店で購入した過去問など)

塾の模試後、午後の回に子どもと私と主人の3人で参加しました。

※学校によっては予約が必要のところもありますので、学校のホームページなどで確認してくださいね。

入試説明会の様子

中学受験

到着した順に各教室に通されました。

「一人1席座ってください」とのこと。

1つの教室に入るのは15~20組程度です。(立ち見なし)

参加者は、受験者となる子ども+保護者、保護者だけなど。小さな子を連れて来ている方もいました。

入試問題説明会のお話は、備え付けのモニターで行いました。

事前に撮影してあった動画を見るというスタイルで進んでいきました。

入試問題説明会の内容

入試問題説明会の冒頭と最後に、『本日は校内案内や入試相談などは受け付けません』との説明がありました。

4科目について出題教科担当の先生が一気に説明していきました

  • 前年度の入試問題の分析と出題の意図
  • どの問題がが合否を分けたのか

持参した前年度の入試問題を見ながら、事前に録画している説明を聞きました。

時間にして2時間程度だったように思います。

1度は過去問を解いておかないと、説明されている内容が理解できません。

無駄な時間にならないように、入試問題説明会までに指定された過去問を解くことが必要です。

スポンサーリンク

入試説明会は塾の模試の日と重なることが多い

11月下旬から開催されることの多い「入試問題説明会」や「中学入試模擬体験」は日曜日に行われます。

午前中は模試、午後は学校の説明会というスケジュールになる事が多いです。

入試問題説明会は親だけでもOKですが、子どもも一緒に参加したほうがいいなと思いました。

入試説明会は子どもと一緒の参加がいいと思う理由

  • 実際の入試で使われる教室だった
  • どんな子が受験するのかを見ることができた
  • 学校の先生の説明がわかりやすいか、子どもが判断することができた

教室で説明会があったので、教室の雰囲気などを見ることができました。

スポンサーリンク

入試説明会を受けておけばよかったとならないために

中学受験 入試問題説明会、中学入試模擬体験

「入試問題説明会」や「中学入試模擬体験」を実施するかどうかは、受験校のホームページをチェックしてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました