中学入試 算数の公式・解法で時間短縮・計算ミスを防ぐ

算数の場合、塾のテキストに書いてある通りに解くのが一般的です。

塾で習う公式や解法は、数あるうちの一つです。

塾のテキストに書いてある方法がわからない

食塩水(濃度計算)でつまずいたことから、子どもにとってわかりやすい方法を調べました。

スポンサーリンク

食塩水の計算でつまずいた

中学入試 算数の公式・解法

食塩水の問題が解らない

塾のテキストに書いてある解き方はビーカー図でした。

他の方法を使ったらダメなの?

塾では他の方法は教えてくれません。

何パターンか解き方を知っていれば、自分に合った方法で解くことができるのになって思っていました。

子どもに塾のテキスト通りに教えましたが、わからないままでした。

スポンサーリンク

本屋さんで見つけた公式の本

中学入試 算数の公式・解法

水溶液の計算が別の方法(てんびん図)で解いている♪この方が楽だ

てんびん図はとても簡単で、複雑ではないということがメリット。

複雑にならないからこそ、計算間違いが少なくて済むということもわかりました。

この本に書いてある方法なら解ける

「カードで合格」には問題に必要な公式が掲載されています。塾では習わない公式もありますが、解き方さえ覚えてしまえば時短・計算間違いが防げるという利点があります。
てんびん図で解く食塩水はこちらも参考になります↓

>>第19回 割合と比~食塩水【きょうこ先生のはじめまして受験算数】| 朝日小学生新聞 – YouTube

スポンサーリンク

塾よって解き方が違うという驚き

中学受験

水溶液の問題が出たときに、塾により解き方の違いがあることを知りました。(我が家は転塾しています)

  • もともとの塾では、ビーカー図。
  • 次の塾では面積図。

面積図での解き方が分からず先生に聞きに行くと

先生
先生

てんびん図がわかりやすいならその方法で教えるね

これ、普通のことかと思ったら違っていたようです。

ある塾の先生は、教えた方法以外で解いた場合×にする人もいるそうです。
面積図で教えているから、ほかの方法で解いたらだめだということです(転塾組は困る)
中学受験本番で、「この塾の子は、この解法以外は答えがあっていてもバツにする」なんてしている学校なんてないのに・・・と思います。
スポンサーリンク

別の公式で解決できるものもある

塾のテキストに載っていないものを使うのはありなの?

漠然とした疑問から、抜け出せずにいた時期がありました。

塾によって解き方違うので、解きやすい方法を選べばOKと考えればいいのだと考えるようになりました。

別の公式を知っていたらすぐに解ける問題もたくさんあります

解き方を変えるだけでメリットがたくさんあります。

  • 計算ミスを最小限にできる
  • 少ない時間で答えがでる

公式を使えば簡単に解ける問題を、複雑に解く必要はありません。

図形の問題も、公式を使えば簡単になるものがたくさんあります

スポンサーリンク

解き方を複数知るメリット

基本の解き方を知る必要はありますが、問題によって解きやすい方法を知っておくと間違いが最小限で済み、短時間で解くことができます。

塾で教える方法は1つですが、他の塾でも同じ方法を使っているとは限りません。

どうしても塾の解き方がわからない場合、別の公式を探してみるという選択をしてはいかがですか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました