中学受験 立体図形が苦手な子の克服方法は手を動かして考える

中学受験 立体図形 克服

中学受験において立体図形が毎年出題される学校があります。

でも、立体図形は子どもにとって苦手な単元である場合も多いと思います。

特に立方体の問題は、学年が高くなるほど複雑になります。

なるべく立方体の数が少ないうちに、克服できると楽ですよ。

我が家の場合、まずは実際に手で動かして状態を見ることから始めました。

実体験に基づいて考えることで、徐々に頭で考えることができるようになりました。

我が家が塾の先生に勧められて使ったもの、使用した本、アプリなどはこちらです。

スポンサーリンク

塾の先生にすすめられたものは

実際に塾の先生に勧められたのは

  • ベルキューブ(おつまみチーズ)
  • さいころキャラメル
  • 牛乳パック
  • 豆腐
  • メラミンスポンジ(激落ちくんなど)

どこでも買えるようなものです。

積み上げる・展開する・切断する、などをやりました。

ベルキューブ

中学受験 立体図形 克服

ベルジャポンより引用

四角いおつまみチーズの「ベルキューブ」です。

積み上げてどんな風になるのかを見るのに使ったりしました。

小さいので切断するにはちょっと大変ですが、器用な人ならできるかも?

おやつの時などに遊びながら積んでいました。

サイコロキャラメル

中学受験 立体図形 克服

道南食品より引用

「サイコロキャラメル」はいろいろと使えて便利でした。

子どもが小学生時代にはまだ全国販売していましたので入手できましたが、今は北海道限定のものみたいです。

上記の通販の他、北海道物産展や北海道プラザなどで購入することが可能です。

サイコロキャラメルの利点は

  • 「サイコロ」の勉強
  • 展開図
  • 積み上げ

ができること

サイコロの勉強

サイコロの勉強?となりますが、反対の面は何?という本当に簡単なものです。

ここからが出発点です。

サイコロは、向かい合う面を合わせると7になります。

展開図

図形の展開図が学べるのもいいところなのです。
中に入っているキャラメルをすべて出して、辺をテープなどで止めます。
問題に指定されているように辺を切っていくなど・・・
工夫次第でいろいろな使い方ができますよ。

 

展開図はサイコロの展開図もあります。

自作したものでもいいのですが、切って確認ができるサイコロがあると便利かもしれません。

積み上げ

サイコロや立方体を積み上げた場合、どのようになるのかを実際に試すことができます。

サイコロを立てに積み上げた時に…などの問題には実際に積み上げて確認することができます。

積み上げ問題などの時には、かなりの数のサイコロが必要になります。

牛乳パック

中学受験 立体図形 克服

展開図なら牛乳パックを切る方法もあります。

我が家の場合は、お手伝いをかねて切らせていましたよ。

牛乳は1週間に2~3本は飲んでいたので、何度も切ることができました。

普段の生活で使っているものが即教材となるので助かりました。

スポンサーリンク

豆腐

切断の問題なら豆腐です。

豆腐を実際に切って(算数的には切断ですね)実際に出てきた断面を見るというもの。

そのまま大きな1丁を切られると何度も切断ができません。

1丁をある程度の大きさにしてから、切ってもらいました。

 

この単元の時期は豆腐料理が多かったですね(笑)。

お豆腐の味噌汁、マーボー豆腐、白和え等々。

メラミンスポンジ


激落ちくんなどのメラミンスポンジ(お掃除道具にありますよね)を使うという手もあります。
お友達のなかには消しゴムを使ったという人もいました。

メラミンスポンジや消しゴムの場合、実際に線を書き込めるという利点があります。

  • 問題と同じように点をうつ
  • 線を書き込む
  • どのような形になるのか想像させる
  • 実際に書いた線に沿って切っていく

という作業をさせました。

豆腐で行う作業と違って手にもって色々な角度(下からなど)から立方体を見ることができます。

断面図は実際に自分で切って目で確認することで理解度が「ぐん」と上がりました。
思っていたものを違うなど新たな発見もあります。
平面で書かれている対角線はこの部分なのだというのがわかってきましたよ。
スポンサーリンク

立方体の切断の教材といえば・・・

塾によっては立方体が切断されている教材を売っているところもあります。

ちょっとお高いですが、実際に確認するにはいいものだと思います。(ザ・キューブ

立体図形を紙に書くのが苦手な子におすすめの本

うちの子の場合、この本をやってから図形を書くことのの苦手意識が減りました。

立体図形が正しく書けることで、図形の空間認識力が上がるはずです。

スポンサーリンク

3Dプリンターで確認

LITALICOワンダーより引用

【LITALICOワンダー】 は小学校1年生~高校生を対象として、「デジタルファブリケーションコース」という3Dプリンターやレーザーカッターなどを使ってモノづくりを行うコースがあります。

 

パソコンやタブレットで立体物や平面のデザインをして3Dプリンターで実際に出力するので3Dのモデリング作業をすることができます。

 

無料体験では3Dプリンターでオリジナルフィギュアを作るということを行います。

LITALICOワンダーより引用

※出力サービスは別途有料[2,000円(税込2,160円)]です。プリンタの都合により当日お渡しできない可能性もあります。

 

>>IT×ものづくり教室【LITALICOワンダー】の体験教室はここをクリック
【LITALICOワンダー】 は東京・神奈川・埼玉に教室があります。
渋谷・中目黒・青山・池袋・赤羽・秋葉原・水道橋・鎌田・町田・立川・押上・三軒茶屋・吉祥寺・川崎・横浜・東神奈川・横浜桜木町・大宮
(中目黒だけデジタルファブリケーションコースがありません)

立方体のアプリ

こちらの記事では立方体の問題のアプリをご紹介しています。

【自宅学習もOK!】中学受験に使える算数のアプリ5選 我が家のおススメ
「出かけるまであと10分ぐらいなんだけど・・・」などという、ちょっとした隙間時間にスマホやタブレットのアプリを使って勉強させました。 スマホアプリなので、外出先での待ち時間に使えたのも重宝しました。 アプリを使えば、ゲー...

 

コメント