やってよかった「ブンブンどりむ」中学受験の人におすすめ理由!効果はその後も続く

作文は嫌い

文を書くのが苦手な子が書けるようにするには、どうしたらいいの?

・どうやったら作文が書けるようになるの?
・作文だけの教材はある?
・どれぐらいの期間やれば、作文が書けるようになるの?

作文だけできる教材を探すと「小学生向け作文通信教育講座のブンブンどりむ」を見つけることができました。

我が家の文の書けない子どもに「ブンブンどりむ」は効果がありました

ブンブンどりむを使って学習したときの途中経過や、どこまでできるようになったのかなどをご紹介します。

ブンブンどりむ夏の2ヵ月お試しキャンペーン実施中!しめきり:2022年7月31日まで
ブンブンどりむ2ヵ月分(7月号・8月号)特別価格で受講できます。(退会手続き不要)
2022年6月30日までのお申し込み限定。抽選で10名様に図書カード1,000円分プレゼント

\ 詳細はこちらから/

目次

通信教育で作文教材を見つける

作文対策 中学受験 ブンブンどりむ

わが子は小学校1年生から作文や読書感想文を書くのが嫌いで、泣きながら何日もかけて作文を書いていました。

中学受験の国語には作文問題が出題される学校があることから、作文は避けて通れない問題となりました。

インターネットで作文について調べているうちに、通信教育で作文教材を見つけることができました。

小学生向け作文通信教育講座「ブンブンどりむ」

\資料請求はこちらから/

Z会小学生コース専科 作文 

Z会小学生コース専科にある「作文」は、添削指導があるため小学生タブレットコースではありません。

\ 資料請求はこちらから/

2つの教材の資料請求をし、内容を見たうえで子どもが教材を選択

ブンブンどりむ 中学受験
ブンブンどりむ
ℤ会 作文 中学受験
Z会小学生コース専科 作文 

左側のカラフルな色使いで、まさしくマンガ形式のテキストが「ブンブンどりむ」。

シンプルなつくりになっているのが「Z会小学生コース専科 作文」。

対照的な2つの教材を見た時に子どもが選択したのは…

ブンブンどりむにする

ですよね。

\資料請求はこちらから/

子どもが「ブンブンどりむ」を選んだ3つの理由

マンガ形式ってどうなの?大丈夫なの?これで作文が書けるようになるって本当?

これが作文教材?と思ってしまう「ブンブンどりむ」のテキストに不安はありました。

私自身、勉強教材のイメージはZ会のようなシンプルなものです。

ブンブンどりむのようにカラフルなテキストを、あまり見たことがなかったからです。

しかし、子どもにはこのカラフル教材が心に刺さったようです。

書くところが少ない(と思ったそうです)

書くところが少ないね、これならできるかも

実際は、少なく見えるだけで記述量はあると思っています。

カラフルなテキストは圧迫感が無いことから、「やらないといけない」という強迫観念が少ないのかもしれません。

マンガ形式だから楽しそう

マンガが書いてあるから、楽しそうだね

同じ文章が挿絵が豊富にあるもの、カラフルなものだと「楽しそう」と見てもらえます。

欲しい景品があった

「ブンブンどりむ」の場合、提出課題を行うことでポイントがもらえます。

ポイントを貯めてもらえる商品に欲しいものがあったようで、「ブンブンどりむをやったらもらえる」と計算が働いたみたいです。

「ブンブンどりむ」で作文が書けるようになるまで

ブンブンどりむ 中学受験

我が家の場合、ブンブンどりむを始めたのは5年生の冬休み明けからです。

中学受験本番の約1年前からの作文対策となり、かなり切羽詰まった状態から始めました。

ブンブンどりむは6年生の最後までやりました。

14回という短い期間で修了を迎えましたが、結果を出せたのは良かったです。

ブンブンどりむは、どんな風に進んでいった?

我が家のブンブンどりむ体験記です。

STEP
1ヶ月目

ブンブンどりむ初日は、1ページ仕上げるのに1時間!

何を書いたらいいのかさっぱりわからない作文が書けない子が、いきなりテキストを渡されても書けないだろうな…とは思っていました。

本当に作文が書けるようになるのか不安だわ…

1ヶ月目は、隣で一緒にテキストを見ながらブンブンどりむを仕上げていきました。

「作文例と似たものを書けばいいよ」と伝えるも無理。

作文例を、そのまま書きうつすことが精いっぱい。

ブンブンどりむに書いてある「1日10分」は本当?そのうちできるかな?

文を書くことが嫌いな子が、1冊の教材を仕上げただけでも「よく頑張った」と思います。

STEP
2ケ月目

ブンブンどりむのテキストを開くことを嫌がらず、開くことはします。

しかし教材を仕上げる時間は、それなりにかかります。

作文例があるから、何とかできたよ

作文例を少し変えるだけでも、それなりの文章になると子ども自身が気づきました。

名前変えるだけなら書けるよ。これでいいの?!

いろいろなことを言いつつも、何とか仕上げられる状況になりました。

STEP
3ケ月目

作文が書けるかもしれない

どこからくる自信なのか、子どもが言い出しました。

その頃、テキストをこなす時間は当初と比べると確実に短くなっていました。

本人が思う「書ける」というレベルがどの程度なのか?よく分かりません。

きっと書けるよ!すごく頑張っているからね!!

ブンブンどりむの教材に自分からチャレンジすることが増えてきました。

STEP
4か月目

学校の行事で遠足がありました。

遠足の感想を書く宿題が出ました。

遠足の感想文が30分ほどで書けるようになっていました。

もう、感想文の宿題できたよ!

子ども自身もビックリ、私もびっくりしました。

ブンブンどりむの効果がでてきました。

この頃にはブンブンどりむのテキストや添削教材を仕上げる時間が短くなっていました。

なんとか時間通りにできるようになっていったのです。

STEP
5カ月目以降

学校の宿題(作文や読書感想文)が、すらすら書けるようになりました。

ブンブンどりむの例文を真似ることからはじめて、こんなにも変わるのか!と驚きました。

これなら中学受験の記述問題にも、光が差してきたかも…

この頃になると、「ブンブンどりむ」は「ちょっと頑張ればできる」程度の教材になりました。

「作文が全く書けない➡時間がかかってもできる➡できる」に変わったのです。

ブンブンどりむを続けることで、短い時間で作文などはスラスラ書けるようになっていきました。

\資料請求はこちらから/

ほめて伸ばす添削指導が秀悦

作文の添削添削はどんなものなの?

ブンブンどりむ 添削指導

「ブンブンどりむ」の添削が戻ってきたときに驚いたのは、赤ペン先生のコメント量。

採点が済んだ添削教材には赤ペン先生から、たくさんのコメントが書いてあるではありませんか。

山のような誉め言葉がすごい!余白が無くなるまで、たくさんのコメントをが書いてある♪

私は子どもの作文を読んでここま褒めることがありません。

赤ペン先生のコメントを読んで、かなり感動しました。

文字は「とめはね」まできちんと意識された、子どもが読みやすいきれいな字でした。

添削してくださる方は毎回同じではありませんが、どの赤ペン先生も沢山コメントを書いてくださいます。

ねぇねぇ、”すごいね”って書いてある

子どもから赤ペン先生のコメントを見せてくれたことが沢山ありました。

子ども自身が頑張って書いたものを褒められるのですから、とてもうれしいですよね。

もちろん、褒めるだけでなく「さらにこうしたほうがいいよ」というアドバイスもあります。

その際にも、子どもにもわかるような言い回しで書いてくださいます。

別の書き方もあるんだ…次は使ってみようかな

「作文を書く→提出→褒められる(アドバイスされる)」を繰り返すことで、書くことの苦手意識は無くなっていきました。

学校で作文を提出しても、ブンブンどりむと同じぐらい褒めたコメントが戻ってくることはありませんでした。「ブンブンどりむの褒めコメントが読みたくて課題提出をしてるのかな?」と思うぐらい添削されたものが戻ってくるのを楽しみにしていましたよ。

「ブンブンどりむ」をやってみた感想

ブンブンどりむ 中学受験

ブンブンどりむの教材で勉強した結果、作文・読書感想文などの記述物は手が止まらずに書けるようになりました。

  • 書いた作文が褒められる
  • ブンブンどりむのテキストに従って書けば、作文が作れる

この2つを繰り返すことで、文章が書けるようになました。

中高一貫校に入学後は、作文やレポート提出の機会が格段に増えました。

今では思ったことをスラスラ書くことができます。

論理的に記述することもできるようになったので、理科や社会等の記述にも役立っています。

ブンブンどりむは副教材も充実

ブンブンどりむ

時事問題対策としてある「月間Newsがわかる(毎日新聞社刊)」と「時事シート」が毎月届きます。

時事問題対策は中学受験には必須です。

小学生でも読めるように難しい漢字にはルビもふってあるのでスラスラ読めますよ。(「月間Newsがわかる」は書店でも販売しているものです)

「月刊Newsがわかる」の詳しい内容はここから

うちの子は小学校に「月間Newsがわかる」を持っていき、休み時間などみんなで読んでいたそうですよ。

まとめ:作文対策には「ブンブンどりむ」で大丈夫だった

ブンブンどりむ 効果

「ブンブンどりむ」は「マンガ形式のテキスト」「ほめて伸ばす添削指導」の作文通信教育講座。

「作文の基礎」から「公立中高一貫校の受検記述対策」まで幅広く対応している、1年生から6年生まで使える作文教材です。

作文や書くことが苦手、表現力をつけたい子どもにおすすめです。

低学年からブンブンどりむを使って勉強することができたら、ここまで作文で苦労しなかったのではないかと思います。

国語は「すべての学力の基礎」と言われる大事な教科。

文章を書くこと、読むこと、想像することなど全て国語が関係します。

国語が好きになると、文章の読解力が上がり学力が上がると気が付きました。

低学年の頃から国語対策をしていれば、これほど国語の勉強を苦しまなくてよかったかもしれないと思います。

いつでも入会可能!途中退会OK!のブンブンどりむ。

「ブンブンどりむ無料体験キット」で、すべてのコース教材を試すことができます。

まずは資料を取り寄せてどんなものなのか、お家で体験するといいですよ。

\資料請求はこちらから/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる