中学受験 入試直前には朝型生活に切替!試験当日パフォーマンスを最大限発揮

中学受験 朝

冬休みぐらいから起きる時間をかえました。

スポンサーリンク

入試当日は5時起き

中学受験 朝 当日

 

中学入試当日は朝は5時に起き、朝食を食べ6時には出発しました

外に出ると辺りはまだ暗く、最寄駅も人影がまばら。

街は冬の寒さからかシーンと静まり返っていて、誰も動き出していない感覚になりました。

冷たい空気が肌をさし、緊張感あふれる時間だったことを思い出します。

試験会場に向かう電車に乗っている間に、夜が明けてきました。

かなり早い時間に家を出たのは、理由があります。

  • 電車やバスを利用するので、遅延などが起きた時に対応できるように
  • 緊張のあまり途中でトイレ駆け込み
  • ぎりぎりの到着は精神的に追い込まれる
  • 万が一忘れ物をしても、途中のコンビニで購入することができるぐらいの時間は取りたい

早く学校についてしまっても、講堂や控室などに入れてもらうことができました

集合時間の30分前を目指しました。

>>中学受験 入試当日の様子(親は念のため学校で待機するとトラブル対応できますよ)

中学受験 入試当日の様子(親は念のため学校で待機するとトラブル対応できますよ)
我が家の中学入試の当日の様子です。 我が家の中学入試当日の様子 入試初日から午前中試験、午後試験の2校受けています。 朝の様子 中学入試の日、我が家は5時起きでした。 脳が活発に働くのは起床4時間後といわれ...
スポンサーリンク

受験には朝型の生活が必要です

中学受験 朝 当日

今まで塾から帰宅した後は、

  • お腹が空いていれば何か食べる
  • 風呂に入る
  • 学校の宿題
  • 塾の宿題
  • 明日の用意
  • 寝る

という1日を過ごしていました。

当然ながら、寝るのは日付が変わってからが多くなっていました。

このような毎日で「明日中学入試だから、朝5時に起きて行くよ」と言っても起きれません。

徐々に朝型生活にしていきました

睡眠時間は一定時間確保したかったので、夜寝る時間も同じようにずらしていきました。

>>中学受験 暗記を確実にする方法は、睡眠時間を確保すること。体と頭の休息を忘れずに

中学受験 暗記を確実にする方法は、睡眠時間を確保すること。体と頭の休息を忘れずに。
入試が近づくにつれて睡眠時間を削ってまで勉強しようとしていましたが、睡眠時間の確保は絶対条件の我が家。 こども もうちょっと勉強したい! 私 ダメ。さっさと寝る。 ...

家族も朝型に変えました

中学受験 朝

子どもだけでなく、家族もこの時だけは朝型生活に切替えました。

自分だけ頑張って朝起きるって、なんだか嫌だ

毎日10~15分ぐらいづつ早く起きるように調節していきました。

しかし、冬は日の出の時間が遅いので朝日で起きるということができません。

光で起きることが出来る光目覚ましinti4というグッズもありますよ。

 3か月間の全額返金制度ありますinti4s公式・詳しくはこちら
スポンサーリンク

まとめ:入試直前には朝型生活に切替

朝が弱く試験当日はどうなるかと心配していたのですが、徐々に生活時間をずらしていくことで対応することができました。

入試直前は不安で夜中まで過去問を解きそうになっていました。

「睡眠時間を確保する、朝起きる時間を一定にする」を徹底したことで、体調管理も安定してできました。

試験当日は最高のパフォーマンスが発揮できるように、生活パターンを変えていくことで安心することができました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました