中学受験 4年生、5年生は志望校の中学入試日会場で雰囲気を体感

中学入試が迫った12月頃に催される、通塾者を対象にした保護者会(4年生、5年生用)では

先生
先生

実際の入試の様子を見れる人は見たほうがいいですよ

土日に重なるなど、小学校がお休みならば見にいったほうがいいとの事でした。

スポンサーリンク

中学入試日の独特の雰囲気

先生
先生

入試とはどういうものなのか志望校はどんな感じなのか見にいってください

と、塾の先生は言われていました。

 

土日に重なったので、で子どもと一緒に見に行きました

我が家は中学受験は初めてです。

受験生の邪魔にならないようにしながら、道の反対側で見学?しました。

学校のそばで「あぁ、これがあの景色なんだ」と、人の多さと雰囲気に圧倒されまくっていました。

あ、知っている先生いた。沢山の人が来てるね、何人来るのかなぁ?

子どもの感想ってこんな感じなんですね。

(興奮されても困りますが、思ったよりも淡々としていましたよ)

ここにきている人が全員受かるわけではないという現実と

「来年はあなたも同じように中学校を受験するよ」

ということをその場でやんわりと伝えて帰りました。

子ども自身が自分の目で見ることで、少なくとも中学受験というのは大変なのだということだけは理解してくれたようでした。

模試とも違う独特の雰囲気が伝わっていればいいなと期待していた部分もあります。

子どもの性格による部分もあるかと思いますが、初めて見る風景などに「ドキドキ」して緊張してしまうようなわが子です。

ちょっとでも見せておいて良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました