中学受験 文化祭の入試相談コーナーがおすすめ。質問や聞いた内容は何?

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

文化祭などの受験生が参加できる学校行事の時には、必ず「入試相談コーナー」があります。
私は、入試相談コーナーは近寄りがたいイメージがありました。
パンフレットや学校のホームページをみていて疑問に思うことがあっても、なかなか足を踏み入れることができない場所でした。
近くを通っても聞いている人がいないので「本当に聞いてもよいのだろうか?」と心配していたのです。
中高合わせて6年間という長い間通う学校なので、疑問に思うことがあればどんな細かいことでも聞いたほうが安心できるのではないかと思い、勇気を出して聞いてみました。

すると、大きな会場などで複数の学校が集まる説明会よりも、多くの時間を取って話すことができたのです。
それからは、気になる学校では「入試相談コーナー」でお話を聞くことにしました。
私が「入試相談コーナー」で聞いたことをご紹介します。

スポンサーリンク

実際に私が聞いたこと

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

学校説明会でお話される時に質疑応答がありますが、たくさんの人数では時間制限もあります。

あまりにも個人的な内容の場合も質問しにくいということもあります。
「入試相談コーナー」などの場合、1対1ですから聞きやすいかもしれない。そんな思いから色々なことを聞いてみました。

私が聞いた時は秋の文化祭です。

中学入試まであと3~4か月ですので、我が家の場合「志望校はここでいいんだよね」という最終確認の時期でもありました。
質問内容も「こんなに細かいことを聞いてもいいのかな?」と思うようなことでも、きちんとした対応をしてくださる学校もありました。

同じ質問を別の学校にすると、学校の対応を比較することができたので参考になりました。

スポンサーリンク

 

先生編

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

大きく分けて入試関係、入学後の話になりました。

覚えている範囲で書いてみたいと思います。

入試関係

入試問題作成について

私

入試問題はいつごろまでに作り終えるのですか?

先生
先生

今、まさに作っている最中です。年内には作り終えます。
先ほどまでここで説明していた先生は○○担当の先生でして、別室でこもって作っているので連日大変です。

私が聞いたのは2月校でしたので、「年内」という解答だったのかもしれません。

時事問題について

私

塾が出している時事問題の冊子は先生方も読まれるのですか?

先生
先生

読んでいますよ。

どの塾のものとはおっしゃっていませんでした。

こちらもあえて「どこの塾ですか?」とは聞きませんでしたが、やはり目を通しておられるのだなと思いました。

その他に聞いたこと

私

算数の仮分数と帯分数は、どちらを書いても正解ですか?

私

理科や社会の漢字はどこまで細かく見ていますか?

私

1回目と2回目では偏差値がかなり違いますが、問題の難易度はすべて同じですか?
2回目に受験に来る方はどこを受けている方が多いのですか?(併願校について)

私

繰り上げ合格は例年どれぐらい出しているのでしょうか?

この部分は学校説明会でお話しされていることもありますが改めて聞くという感じです。

日付や人数など最近の傾向などを教えてくださいましたよ。

入学後の話

印象的な内容として

私

学校の授業についていけなかった場合、どこまで学校は補習授業をしてくださるのでしょうか。

先生
先生

とことんわかるまで教えます。

私

それでもわからない場合ってあると思うのですが、その場合はどうなりますか?

先生
先生

もし、ご要望なら卒業生を家庭教師としてご紹介します。
卒業生なら、わが校のやり方をわかっているので安心ですよ。

学校のパンフレットや、学校説明会などから、「塾に行く必要はありません。学校でしっかり教えます。」「生徒に手厚い対応をします」といっていた学校です。
「生徒に手厚い対応をする」というのは、とてもあいまいな表現で具体的な対策を示してないなと思い、どんなことを行うのか聞いてみたかったのです。
卒業生のバイトの斡旋なのか?と思ってしますような解答に、それ以上聞くことはしませんでした。

 

その他には(上記学校とは異なります)

私

在校生の方は、どれぐらいの人が塾に通っているのですか?

私

大学の推薦校はどれぐらいありますか?その制度を使って進学した生徒さんは何人ぐらいいらっしゃるのでしょうか。それはどれぐらいの成績を持っていると良いのですか?

など、大学のことなど、その学校に対して気になることを聞いていました。

学校の特色として掲げているものは本当にそうなのか?

学校によって特徴としてしているものって実際はどうなの?っていうのもあります。

先生
先生

うちの学校は理科の実験は年間〇回あるんですよ。
他の学校に比べたら格段に多いですよ。
理科が好きな子には、うちの学校はおすすめですよ。

私

凄い回数ですね。実際に生徒が実験をするのですか?

先生
先生

いえ。先生がやります。生徒は見学です。
それをレポートに書きます。

私

え、生徒はやらないんですか?

先生
先生

年に1回は必ずやりますよ。

この学校の特徴は「理科の実験がたくさんあります」です。
たしかに理科の実験はあります。
実験で手を動かすのは先生で、生徒は見ているだけの実験です。(目の前でシェフが料理を作るのを見ながら説明を聞くような感じでしょうか)
話の流れから、生徒が手を動かして行う理科の実験だと思っていましたが実際は違いました。
実験教室のほうが格段に実験数は多いです。

月に2回ですからね。

実験教室の卒業生が遊びに来た時に「先生が実験しているのを見るだけで、生徒はできない」と言って嘆いていたと聞きました。

実験が好きな子は、本当に生徒が実験できるのかどうか、よく聞いたほうがいいですね。

中学受験 理科は体験できる実験教室で手を動かすことで理解度が上がる
ある中学校の説明会で、校長先生がおっしゃっていたのは 「手を動かして行ったことは、体が覚えています。どんどん体験させてください。体験した子は理解度が全く違う」 ということでした。 この言葉が頭の片隅に合ったことで、...
スポンサーリンク

在校生編

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

在校生とお話ができる学校もありました。
対応してくれたのは中学生と高校生のペアです。

 

生徒さんと話ができるのは、なかなかありません。

実際に学校生活はどんな感じなのかなと思って聞いてみました。

 

こちらの質問は

私

部活は楽しいですか?両立できていますか?

私

宿題は多いですか?

私

塾に通っている人はどれぐらいいますか?

私

家に帰ってからどれぐらい勉強していますか?

先生がそばにいるので、あまり答えずらそうな事は聞きませんでした。

 

どの学校の生徒さんも楽しそうに学校生活を過ごしているのだろうなという感じ。

 

はきはきとした受け答えの生徒さんでした。

 

もしかしたらそういう子を先生が選んでいるのかもしれませんね。

でも、こちらからの印象はとてもよかったです。

スポンサーリンク

聞いてよかった

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

先生
先生

あぁ、前にも同じようなことを聞いた方がいましたよ。

この言葉、どの学校でも担当してくださった先生がよくおっしゃっていました。
きっと皆さん同じことを聞いているのだなと思うと、不安なことはみんな一緒だと思えるようになりました。
先生方にとっては「あぁ、またか」というぐらい同じようなことを聞いているのかもしれません。
入試相談コーナーなどは「学校に対する不安(悩み)を解消する確認の場所」と考えればいいのだなとあらためて感じました。

コメント