中学受験 文化祭の入試相談コーナーは行くべき!私が質問した内容はこれ

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

学校説明会やオープンキャンパスでは質疑応答の時間があります。

本当にこんなこと聞いていいのかな?

と、考えているうちに終わってしまうことがありませんか。

「〇〇主催の合同学校説明会」などの場合、学校毎に相談できる席が複数確保されている分、入試担当者とお話しできるとは限りません。

応援で来ている先生の場合「それは自分の担当教科の内容ではないのでわかりません」といわれることもあります。

待っていた時間が無駄になってしまうこともあります。

文化祭の入試相談コーナーは個別対応にもかかわらず聞いている人が少ないことに気が付きました

中高合わせて6年間という長い間通う学校です。

疑問に思うことがあればどんな細かいことでも聞いたほうが安心できるのではないかと思い、勇気を出して聞いてみました。

スポンサーリンク

入試相談コーナーで聞いたこと

志望校になりそうな学校では必ず「入試相談コーナー」でお話を聞くことにしました。

入試相談コーナーで聞くメリットはこちら♪

  • 入試担当の先生が対応している
  • 時間制限がないので、どの説明会よりも多くの時間を取って話せる
  • 細部にわたり詳しい内容を聞くことができる
  • 雑談などから学校の様子が垣間見える

同じ質問を別の学校ですることで、学校の対応を比較できました。

入試相談コーナーでは、実際に使った入試問題が置いてある学校もありましたよ。(持ち帰り自由のところもあります。)

スポンサーリンク

先生編

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

大きく分けて入試関係、入学後の話になりました。

覚えている範囲で書いてみたいと思います。

入試関係

入試問題はいつごろまでに作り終えるのですか?
今、まさに作っている最中です。年内には作り終えます。
先ほどまでここで説明していた先生は○○担当の先生でして、別室でこもって作っているので連日大変です。
塾が出している時事問題の冊子は先生方も読まれるのですか?
読んでいますよ。

時事問題についてどの塾のものとはおっしゃっていませんでした。

私も「どこの塾の本ですか?」とは聞きませんでした。

塾が出版しているものは、目を通しておられるのだなと思いました。

その他に聞いたこと

  • 算数の仮分数と帯分数は、どちらを書いても正解ですか?
  • 理科や社会の漢字はどこまで細かく見ていますか?
  • 1回目と2回目では偏差値がかなり違いますが、問題の難易度はすべて同じですか?
  • 2回目に受験される方はどこを受けている方が多いのですか?(併願校について)
  • 繰り上げ合格は例年どれぐらい出しているのでしょうか?

学校説明会でお話しされていることもあれば、細かすぎて誰も聞かないようなことまで聞きました。

入学後の話

印象的な内容としてはこちら。

学校の授業についていけなかった場合、どこまで学校は補習授業をしてくださるのでしょうか。
とことんわかるまで教えます。
それでもわからない場合ってあると思うのですが、その場合はどうなりますか?
もし、ご要望なら卒業生を家庭教師としてご紹介します。
卒業生なら、わが校のやり方をわかっているので安心ですよ。

学校のパンフレットや、学校説明会などのお話では何度も以下のようなことを言っていました。

  • 塾に行く必要はありません
  • 学校でしっかり教えます
  • 生徒に手厚い対応をします

「生徒に手厚い対応をする」というのは、とてもあいまいな表現で具体的な対策を示してないなと思い、どんなことを行うのか聞いてみたかったのです。

たとえ話でもよいので具体的なことが知りたかったのですが、曖昧にされることが多かったです。

しかし、1校だけ興味深い事を言われた他学校があります。

内容は「どうしても分からない場合、卒業生を紹介します。卒業生ならわが校の勉強の仕方がわかっているので…」ということでした。

卒業生を紹介といういうことは…家庭教師?ということだと思います。

受け取り方では「え?」と思うような内容でした。

その他に聞いたこと(上記学校とは異なります)

進学先である大学のことなど、その学校に対して気になることを聞いていました。

  • 在校生の方は、どれぐらいの人が塾に通っているのですか?
  • 通学している生徒さんは、どのあたりに住んでいる人が多いのですか?
  • 大学はどこの大学に進む人が多いですか?
  • 大学の推薦校はどれぐらいありますか?
  • 推薦校制度を使って進学した生徒さんは何人ぐらいいますか?
  • どれぐらいの成績を持っていると推薦校制度を利用できますか?

大学付属校の場合100%の内部進学なのか、一定基準の人数しか進学できないのかなども気になる部分でした。

入学を機に学校の近くに引っ越しをした人や、新幹線通学している生徒さんがいる学校もあることを知って驚きました。

学校の特色として掲げているものは本当にそうなのか?

理科実験 中学受験

学校によって特徴としてしているものって実際はどうなの?っていうのもあります。

学校の特徴の1つに「理科の実験がたくさんあります」とあったところです。

たくさんは具体的にどれぐらい?と思って聞きました。

実験が多いとパンフレットに書いてありますが、どれぐらいですか?
うちの学校は理科の実験は年間〇回あるんですよ。
他の学校に比べたら格段に多いですよ。
理科が好きな子には、うちの学校はおすすめですよ。
凄い回数ですね。実際に生徒が実験をするのですか?
いえ。先生がやります。生徒は見学です。
それをレポートに書きます。
生徒は実験しないのですか?
年に1回は必ずやりますよ。

理科の実験はありましたが、実験で手を動かすのは先生で、生徒は見ているだけの実験です。(目の前でシェフが料理を作るのを見ながら説明を聞くような感じでしょうか)

パンフレットから推測すると、生徒が手を動かして行う理科の実験だと思っていましたが違いました。

月に2回ある実験教室のほうが格段に実験数は多いです。

実験教室の卒業生が遊びに来た時に「先生が実験しているのを見るだけで、生徒はできない」と言って嘆いていたと言っていました。

「学校が特徴としてあげているものは、自分が考えているものと相違ないか?」ということを必ず確認するようにしてください。

過信は禁物です。

細かく確認することで、入学後に期待外れだったということがありません。

スポンサーリンク

在校生編

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

在校生とお話ができる学校もあります。

我が家がお話を聞いた時に対応してくれたのは中学生と高校生のペアです。

生徒さんと直接話ができる機会は、なかなかありません。

実際の学校生活はどんな感じなのかなと思って聞いてみました。

  • 部活は楽しいですか?
  • 部活と勉強の両立できていますか?
  • 宿題は多いですか?
  • 塾に通っている人はどれぐらいいますか?
  • 家に帰ってからどれぐらい勉強していますか?

先生がそばにピッタリとついているので、あまり答えずらそうな事は聞きませんでした。

話をした感じでは、どの学校の生徒さんも楽しそうに学校生活を過ごしているのだろうなという印象です。

はきはきとした受け答えの生徒さんが多く、こちらからの印象はとてもよかったです。(生徒会の役員さんかもしれませんね)

スポンサーリンク

聞いてよかった

中学受験 文化祭 入試相談コーナー

先生
先生

あぁ、前にも同じようなことを聞いた方がいましたよ。

この言葉、どの学校でも担当してくださった先生がよくおっしゃっていました。

きっと皆さん同じことを聞いているのだなと思うと、不安なことはみんな一緒だと思えるようになりました。

先生方にとっては「あぁ、またか」というぐらい同じようなことを聞いているのかもしれません。

入試相談コーナーなどを利用することで「学校に対する不安(悩み)を解消する確認の場所」と考えれば、どんなことを聞いても問題が無いと感じました。

気になる事はどんどん質問して疑問点を解消してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました