中学受験 文化祭(学園祭)はいつ(何年生)から行く?服装やチェックしたものは?

塾に通うようになって、塾ママや塾の先生から言われたのが、

「文化祭はなるべく早い時期から行ったほうがいい。」

という言葉。

私自身も、文化祭は行くべきなの?文化祭に行くなら何年生から行けばいいかな?と思っている時でした。

私が実際に文化祭行った時にチェックしていたものや感じたことを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

いつから行く?我が家は3年生から!

中学受験 文化祭

塾に子どもを迎えに行くと高学年に兄弟がいるお母さんがいろいろなことを教えてくれます。

私の場合は、そんなお母さん方や学生時代の友人が久しぶりに電話をしてきたときに聞いたことで知ることができました。

 

夏休みを過ぎるころになると

「文化祭に行った?」とよく聞かれました。

「え、まだ3年生だけど。なんでそんなに聞かれるの?」

と思って理由を聞いてみると「あ~なるほど」という答えばかりでした。

例えば

  • 上の子の時、5年生から行って失敗したって思ったから、早く行ったほうがいいよ~。
  • 1日に何校もいけないでしょ。
  • 人が多くて疲れるから!
  • それに意外と移動に時間がかかるんだよね。
  • 展示物とか、部活動とか見ているとあっという間に時間が経っちゃって、1校だけしかいけないとかもあるよ。
  • 校長先生が変わると学校の雰囲気が変わるんだよね。だから気になる学校は、毎年行ったほうがいいよ。
  • 6年生になったら模試と重なるから、文化祭に行くの難しくなるよ。

など。

とにかく時間がかかる・多くの学校を見るのは大変・疲れる、というのです。

いろいろな人に教えてもらったことで、我が家は小学3年生から行きはじめることにしました。

 

スポンサーリンク

どの学校の文化祭に行く?

中学受験 文化祭

子どもが小学校3年生だった時、どこにどんな学校があるのかもわかりませんし、志望校すら決まっていない状態でした。

 

知っているのは近所にある中高一貫校だけです。

ですが、学校の名前を知っているだけという状態です。

主人と話をしてどこまでなら通えるかを考えるところから始めました。

気になるのは学校に行くまでの交通の便だということだけは意見が一致しました。

  • 最寄駅からなるべく電車1本で行けるところ(なかなか難しいですが)
  • 家から学校まで1時間以内の場所
  • 学校まで複数の行き方ができるところ(複数駅利用できるなど)

そして、鉄道の路線図を見ながら「ここまでなら大丈夫」という目安を作りました。

文化祭のスケジュールを調べる

文化祭のスケジュールは学校のホームページなどを参考にしました。

文化祭の日付を見ると2学期の始めぐらいから文化の日までに行われる学校が多かったです。

だいたい同じぐらいの時期に行われるので行きたかった学校にいけないこともありました。

というのも、小学校の運動会と重なるのです。(盲点でした)

我が家が通っていた小学校は秋に運動会を行う学校でした。

開催は土曜日ですが、雨で順延になると日曜日になります。

小学校の授業が終わってからだと文化祭に行くには時間がないので行けないこともありました。

6年生になると模試もあるので、なるべく早い時期から行ったほうがいいの意味が分かりました。

文化祭に行くときの服装は?

文化祭は何を着ていけばいいの?と聞いたところ

「学校行事だから普通でいいんだよ」

と、教えてもらいました。

 

子どもは、小学校に行くような服装です。

私もニットのアンサンブルにズボンというスタイルに落ち着きました。

とにかく校内を歩きまわります。

人が多いので、気温も暑くなりがちです。

脱ぎ着がしやすければ暑さ調節もできますし、ズボンなら階段の上り下りも楽にできます。

塾バックを背負ったまま来ている子もたくさんいました。

文化祭でチェックしたのはなに?

初めて文化祭に行った時は「文化祭か~。懐かしい」と普通に楽しんでしまいました。

でも、親目線で見ると気になる事もちらほら見えてきました。

  • 学校の雰囲気が子どもの雰囲気に合っているか?
  • 先生の感じはどう?
  • 生徒の雰囲気は、子どもの雰囲気と似ている?
  • 学食はある?

などです。

細かくチェックした感じではなかったのですが、目が行く部分ではありました。

 

受験専用の手帳などで管理してもいいですね。

中学受験 スケジュール管理は手帳?アプリ?受験専用のものが便利
中学受験が本格化する6年生になると、スケジュール管理が大変です。 そんな時には、スケジュール帳やアプリで管理することで手間が少し省けるかもしれません。 家のカレンダーに書くという方法もありますが、受験日が翌年ということを...

 

スポンサーリンク

 

文化祭で(必ず)行った場所

文化祭に行くと入口でパンフレットをいただけます。

そこで、ざっくりと学校の作りなどを確認していきたい場所に行くようにしました。

理科部

中学受験 文化祭

理科の実験教室に通っていたので、理科部がある学校なら必ず見学に行っていました。

中学受験 理科は体験できる実験教室で手を動かすことで理解度が上がる
ある中学校の説明会で、校長先生がおっしゃっていたのは 「手を動かして行ったことは、体が覚えています。どんどん体験させてください。体験した子は理解度が全く違う」 ということでした。 この言葉が頭の片隅に合ったことで、...

理科部に行くと、解剖をしている学校があったり、一緒に実験させてくれる学校、目の前で実験してくれる学校などがあります。

 

解剖をする学校は多くありません。

内容も、アジ、イカ、など。

大人からするとよく見る食材?!もありますが、ビックリしたところでは亀などもありました。

大人の手と同じか、それ以上大きいサイズの亀です。

中から卵が出てきたので、ビックリしました。

 

ほどんどの学校は実験のみで、だいたいどの学校も同じような感じです。

  • スライム作り
  • 葉脈標本を作ってしおり
  • 炎色反応の実験
  • 液体窒素を使って物が凍る実験

など。

毎年同じ内容の学校も多かったです。

スポンサーリンク

 

学食

中学受験 文化祭

校内を回っているうちに興味を示した学校限定になりますが、学食があればお昼ご飯として、なるべく頂いて帰るようにしました。

 

入学したら中高6年間のうち、少なくとも1回以上はお世話になるのですから、どんな感じ?ってちょっと興味がありました。

 

どの学校の学食もおいしかったので、文化祭に行くときは学食は楽しみにしているようでした。

ただし、学食はすごく混んでいるのでなかなか入れないこともありました。

文化祭用のメニューに変わっていたりもしていましたよ。

学校見学ツアー

中学受験 文化祭 学校見学ツアー

学校見学ツアーなるものを開催している学校もありました。

 

生徒さんが、10人ぐらいのグループになった受験生のグループ(子ども・親など)を引率しながら校内のいろいろな場所を回ります。

効率よく学校の中を回れるのでおすすめです。

 

そこで、生徒さんにいろいろと質問することができます。

参加する人も多いので、比較的早い時間に締め切っていました。

展示物

各学年の掲示物や夏休みの宿題など。

いろいろなものが展示してあるので、どんなものがあるのか見ていました。

修学旅行や郊外活動の発表の展示物などは学校の様子を知るには良かったです。

個別相談会

中学受験 文化祭 入試個別相談

個別相談をしている学校も数多くあります。

時間制限もありませんし、ゆっくりと疑問点を聞くことができるのが文化祭の時に聞くメリットです。

中学受験 文化祭の入試相談コーナーで質問。聞いた内容は何?
文化祭などの公開学校行事の時には必ずと言っていいほど「入試相談コーナー」があります。 学校によっては先生とお話ができる他、在校生ともお話しすることができる場合があります。 学校生活のことや入試のこと、どう...
中学受験 入試当日の服装・試験の様子・親の待機所などを学校別模試の時に聞くことができた
なかなか聞くことのでできない試験当日の様子。 文化祭の時などに聞いてみるといいかもしれませんよ。 私の場合は塾の模試の会場が志望校だったこともあり、会場に付き添いで行ったときの学校説明会で、偶然知...

 

相談した学校では、生徒にも質問してくださいという学校もありました。

ただ、先生がぴったりと隣に立っていて聞いているので、ちょっと話しにくそうな感じもしました。

我が家の場合、6年生になってから個別相談会を利用するようになりました。
スポンサーリンク

 

低学年から行くメリット

中学受験 文化祭

低学年から行くメリットは、数多くの学校に行くことができることだと感じました。

 

文化祭は学校行事なので、3時~3時半、遅くとも4時ぐらいに終わってしまいます。

午前中に1校・午後に1校いければいいというぐらいです。

見学したい学校が2校あった場合、場所が近いとラッキーです。

実際は、なかなかそう上手くいかないことも多かったです。

 

電車に乗って移動して、となると、1つの学校に2時間ぐらいしかいられません。

 

お昼は学食で、と思っていても、行ってみたら席が無くて食べれなかったりもしました。

模擬店があった場合は、学食が無い場合もあります。

 

低学年のうちなら、滞在時間を気にすることなくいろいろと見ることができました。

子どもの興味のあるものや、部活の発表などを楽しみながら見ていました。

漠然と、「中学に行くと楽しそうだな」と思ってもらえたのがよかったですよ。

まとめ:文化祭に行と学校のイメージをつかみやすい

中学受験 文化祭

低学年の頃は親子共々楽しかったです。

3年生、4年生の頃に通える範囲の学校にかなり行くことができたのは、志望校を決めるときに役に立ちました。

いい意味でも悪い意味でも、事前にいただいてた学校のパンフレットと違う印象の学校もありました。

進学フェアなどを利用すると、一度にたくさんの学校のパンフレットがもらえるので効率がいいですよ。

学校に行くことで、6年間通う想像ができる学校、そうではない学校がありました。

中高6年間通う学校なので、気に入った学校を探すためにも、文化祭は見学することをおすすめします。

スポンサーリンク

おまけ:文化祭は疲れます

学校の階段
これは私だけ?かもしれませんが、体力が持ちませんでした。

基本的に階段での上下階の移動になります。

学校って、5階~6階ぐらいまであるんですよね。

校舎も2号棟、3号棟とかあったりして、あっち行ったり、こっち行ったり。

最近はエレベーターのある学校もあります。

それでも、1階・2階ぐらいなら階段で移動したほうが断然早いです。

いわゆる学校中を縦方向(上下階)、横方向(隣り合った教室の移動)で校内をだらだら、ぐるぐるとまわります。

  • 始めていく場所なので、どこにどの建物があるのかわからない
  • 目的の教室(理科部の展示が見たい等)が見つからない
  • 人が多くて歩くのが大変
  • 9月、10月は暑い日が多いので必要以上につかれる
  • 座って休憩する場所が少ない

など。

人気のある学校は数千人という人が学校の中を歩いている状態なので、本当に暑かったです。

少し多めに飲料を持っていくほうがいいですよ。

コメント